Europe Fashion Hunter

ファッションを通じてヨーロッパと日本を結ぶディストリビューター。機能的で永く愛されるファッションを創りたい。ヨーロッパのアパレル、ファッショングッズの輸出入仕入、展示会、生産管理、海外移住、ライフスタイルなどをテーマに発信。

日本にいながら、海外商材を仕入れることはできるのか?

Hi Ayaです(^^)

 

続けて海外の展示会について紹介してきましたが、海外出張には、時間も経費もかかるし、行きたい展示会はうまく日程が合わなかったり、言葉の問題や取引先との商談での交渉力の問題だとか、様々な理由で、海外展示会への買付が難しい場合があると思います。

 

そんな時に、Ayaが仲介役ができればいいなと思っています!が、

 

日本にいながら、海外商材を仕入れることはできるのか?

 

というテーマで、今回は、日本国内での海外商材の仕入れ方法について紹介しようと思います。

こんなことしたら、私の考えている仕事が減るかも〜

 

もう、みなさん、結論は、お分かりのように、答えは、Yes!です。

 

仕入れ方法は、大きく分けて、2つ!

合同展示会と卸会社から仕入れる!

 

合同展示会は、大型施設で行われる、国内、海外の出展がある展示会や、イタリア、フランスなどの国の特色を出した展示会があります。

 

アパレルの卸会社には、商社のように輸入品を取り扱っている会社があります。このような卸の会社では、小ロットから発注でき、商品によっては、その会社でしか手に入れることのできない商品(止め型や、別注)を仕入れることが可能です。それから、海外のブランドが日本の会社と代理店契約を結んでいる場合もあり、正規品として仕入れるには、その正規代理店から仕入れなければなりません。

このような卸の会社は、日本の合同展示会へ出展していますので、新規取引先を探す場合は、合同展示会へ出向いてみましょう。

 

合同展示会は、下記のような展示会があります。

IFF MAGIC

 http://www.iff-magic.com/

アパレル、バッグ、シューズEXPO

 http://www.apparel-expo.jp/

ギフトショー

 http://www.giftshow.co.jp/tigs/sp/84tigs/index.htm

Rooms

 https://www.roomsroom.com/

JUMBLE

 http://jumble-tokyo.com/

Plug In

 http://www.senken-ex.com/plugin/

 

日本の企業が中心に出展していますが、近年、海外からの出展者も増え、国ごとのブースがある展示会も増えてきました。

 

え?卸の会社から仕入れると割高になるのか気になりますか?

 

通常は、割高になることが多いと思います。ですが、その卸の会社が、ブランドやメーカーからボリュームディスカウントを得ていたり、購入時の為替が円高の時だったり、様々な輸入状況により、低価格で仕入れが実現している場合があります。その場合は、安いケースもありえます。

 

仲介を通さず、自分で直接仕入れたい?

そんなときは、海外からの出展者を選びましょう。

海外からの出展者が多い展示会は、大使館や貿易振興組合が関わっている展示会です。

Moda Italy

http://www.ice-tokyo.or.jp/event-category2/第52回モーダ・イタリア展-第62回シューズ・フロム

Mode in France 

http://presence-biz.com/mode-in-france/

Shoes from Spain

http://www.shoesfromspain.jp/

 

上記の展示会は、年に2回行われております。イタリアは、特に出展者数が多いです。各国の特性が出たブランドが並びます。

この他にも、大使館で行われる展示会や、招待者だけで行われる展示会もあります。

展示会の時には、ブースに通訳がいますが、直接取引の際は、通訳はいません。全て自分で、交渉、納期管理を行わなければなりません。

 

ここで紹介した展示会は、エントリーフィーはありません。訪問当日、名刺を持って、会場に行き、受付で手続きを行えば入場できます。

 

グローバル化で、日本にいながら輸入商材のバイイングができます。とても簡単に仕入れることができる時代です。でも、もし、より独自性のある、差別化の図れた商材を手に入れるには、より生産者に近いところから仕入れることが1番です!