Europe Fashion Hunter

ファッションを通じてヨーロッパと日本を結ぶディストリビューター。機能的で永く愛されるファッションを創りたい。ヨーロッパのアパレル、ファッショングッズの輸出入仕入、展示会、生産管理、海外移住、ライフスタイルなどをテーマに発信。

ファッションバイヤーは、どこで輸入商材を買付しているのか?

Hi Ayaです!

 

アパレル業界の方で、これから海外商材を仕入れようとしている方も、アパレル業界でない方も、完全に私の好みに偏って、おすすめ仕入先の見つけ方についてお伝えします!

 

ファッションバイヤーは、どこで輸入商材を買付しているのか??

 

それは、やはり、合同展示会見本市

 

大きく分けて、海外の展示会国内の展示会があります。

今回は、海外の展示会について紹介いたします。

 

新規の取引先を、手っ取り早く?見つけるには、展示会がうってつけです。

既存の取引先でも、展示会に合わせて新商品をお披露目するブランドも多いので、展示会での商談をメインとするところもあります。

 

デメリットは、各国のバイヤーが集まり、同じように日本からもバイヤーが買付にやってきますので、他のショップ(小売)と差別化の図れたブランドが仕入れにくいことです。

自分が売れると思った商品は、他のバイヤーも同じように思います。

 

ですが、一度にたくさんのブランド、メーカーと出会うことができ、価格、取引条件、デザインなどの比較もしやすく、トレンドの傾向を把握できるし、短期間で得られる情報量は、やり方次第で、かなり多くの情報取集ができると思います。

 

今回、紹介するのは、最も有名な展示会です。

 

Who's Next.

http://www.whosnext-tradeshow.com/

パリで開催される国際見本市です。規模が大きく、出展ブランド数は約700。世界中から、約5万人ものバイヤーやプレスが駆けつけます。

 

アパレルからファッショングッズ、アクセサリーまで、様々な商材を取り扱ったブランドが集まります。もちろん出展者も、世界中から集まっています。出展審査があり、厳選されたブランドが並びます。ファッショナブルなブランドが多いです。

f:id:ayano-hayasaki:20170717182956j:plain

 

ファッションバイヤーならば、一度は訪れたい憧れの展示会です。

 

写真は、Ayaが初めて Who's Next.に訪れた時の写真です。

Ayaが、パリに降り立った途端、雪が降り始め、積もりました。はい、とても寒かったです。街は、雪が積もり、歩きにくかったですが、展示会場は、除雪されていましたので、歩くのには何も問題ありませんでした。展示会場内は、歩き回ることもあり、暑いです。脱ぎ着しやすい、動きやすい服装がおすすめです。

 

この展示会には、業界関係者のみの入場が許可されており、入場時にはパスと、外国人ならばパスポート(コピーも可、EUの人はID)の提示が必要です。

 

入場料は、事前の予約で 42€ 、同行者一枚無料になります。(2017年9月の展示会の価格です。変動する可能性ありますので、必ず確認お願いいたします。)事前予約期間が過ぎると、58€ 

こちらのパスは、Who's Next.とその隣で同時開催されるPREMIERE CLASSの二つの展示会、開催期間4日間入場できます。

 

もし取引先や出展者から招待券をもらえれば、それを使ってFree Badgeを入手できます。

f:id:ayano-hayasaki:20170717203313j:plain

 

展示会の中でも、このWho's Next.で買付することは、華やかなバイヤーの仕事を実感できる展示会かもしれません。

 

引き続きおすすめの展示会を紹介していきたいと思います。